ISO 26262 Compliance Consulting

ISO26262に準拠した最適のソリューションを提供

custom-image_01

ISO26262 第二版の概要

概要

  • ISO 26262とは自動車機能安全に関する国際標準として自動車に搭載されるE/E (Electric & Electronic)システムのエラーのせいで発生する事故を防ぐためにISOから制定した規格です。
  • 2011年をはじめに第2版が2018年内に公開される予定で、第一版で対応した乗用車はもちろん、二輪車、トラック、自動運転車まで拡大します。まだ、Adaptive AUTOSARに関する要件はASIL(Automotive Safety Integrity Level)レベルBが求められます。
  • 当社はTier1がAdaptive AUTOSARに関する仕様書をもとに車載部品を作る際に必要なコンサルティングを提供します。コンサルティングの範囲はISO26262が適用される製品を定義することから安全マニュアルを提供することまでとなります。

ISO26262 第二版への対応

ap_img

ISO 26262に準拠して車載製品を作るのはECUが搭載されるところの名称を定義することから始まります。 (例: エアバッグ、タイヤなど). これをItem Definitionと呼びます。

Highly Autonomous Driving (HAD)

ap_img

Adaptive AUTOSARにおけるISO 26262 第二版コンサルティング

コンサルティング範囲は下記のとおりです。
[Part 3: コンセプト
4. 製品開発, システムレベル
5. SW開発レベル
6. HWレベル]に関するコンサルティングを通じて要求される安全性テストの確認、打ち立てるsafety mechanismの定義、プロジェクト樹立などを提供します。

ap_img

コンサルティング効果

当社のコンサルティングを通じて下記のような効果が出ます。
Safety Manual : 製品の安全性に関するドキュメントを提供し、製品の信頼性を向上させます。また、価値が高まります。
Safety Case : Safety mechanismに関するドキュメントを提供します。

Adaptive AUTOSARにおけるSafety Mechanism

No Safety Mechanism Related FCs
1 Platform Health Management for fail-operational applications ara::phm
2 Safe storage of persistent data ara::per, ara::crypto
3 E2E Protection ara::com::e2e
4 Access control to resources local to an Adaptive platform instance ara::iam,
ara::crypto
5 Control of resource consumption by applications ara::exec
6 Resource monitoring ara::exec,
ara::sm,
ara::log
7 Design of predictable system behavior ara::exec,
ara::ucm,
ara::sm,
ara::log

Adaptive AUTOSARのFunctional ClusterにおいてISO 26262に対応してテストするべきの項目や安全目的があります。この表は各々のFunctional Clusterについて提案できるSafety Mechanismの例となります。