FCs IDE

WebベースのFunctional Clusters統合開発環境

Functional Clustersリスト (R18-10)

fcs-ide_image

Functional Cluster Tool Chain

fcs-ide_image

ソースコード生成からイメージのビルドまで完璧なツールチェーン

Features

  • ソースコードの生成 (ara::com and vsomeip.json)
  • ソースコードのビルド
  • Yocto Projectベースのビルドシステム
  • Gitlabを介してワークスペースのシェアとソースコードの管理
  • Jenkinsを介して持続的インテグレーション
ap_img

DashboardからWorkspaceを生成

provides Adaptive AUTOSAR R18-03に準拠した統合開発環境を提供するC++ベースのworkspaceを生成

ap_img

Workspaceでソースコードを生成

読み込んだARXMLファイルをコンパイルとデバッグプロセスを含んだソースコードを生成

ap_img

Gitlabを介してソースコードを管理

ソースコードのレポジトリでユーザ同士で同時にプロジェクトを行えるうえで、履歴管理まで可能

ap_img

Jenkinsを介してイメージをビルド

Binary imageを自動生成し、このimageは自分のパソコンのダウンロードして保存する

fcs-ide_image

Build environment with Functional Clusters IDE

構成 機能
1) ⁠Workspace ファイルツリー形で表示⁠
ファイルのダウンロード&アップロード
2) Source code Editor ⁠アプリケーションのコーディング
3) Terminal 生成及び、ビルド

WebベースのIDEを通じてユーザの利便性の向上

  • 接近性 : パソコン・タブレットなど様々な機器を通じていつでも、どこでもアクセス可能
  • リソース消費量の削減 : CPUとRAMのリソースを90%以上減少させる
  • ストレージ容量の確保: Adaptive AUTOSAR workspace毎に20~30GBに達するストレージ容量を確保可能